スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スプリントマスター


スプリントマスター


実は日本で一番当てることが簡単なのが短距離競馬です。
短距離のレースではペースが乱れることが少なく実績馬を素直に信頼することが可能です。
例えば、長距離のレースでは有力馬が後方で牽制をし合うことで超スローペースになったり、
逆にとんでもないハイペースになったりすることがあります。しかし、短距離の場合は
ゴールまでの距離が短いため常に似たような展開になりやすく
過去の実績を評価することができます。

競馬で盛り上がるのは距離が長いレースです。
実際に1200mのG1は高松宮記念とスプリンターズステークスの年2回しか行われません。
競馬新聞やメディアでも短距離のレースはほぼ取り上げられることはなく
中長距離のレースの攻略データが重点的に公表されるため、周りの競馬ファン達は
短距離を予想するためのデータが不足している状態になっています。その結果、
短距離を当てるためのノウハウをしっかりと持っている人にとってはまさに激アツで儲けやすい状況になっています。

JRAでは日本ダービーや有馬記念を始め中長距離が盛り上がりを見せています。
しかし、最もレースが多く組まれているのは中長距離ではなく短距離競馬です。
中距離のレースよりも短距離のレースの方が年間で2倍以上のレースが組まれています。
したがって、短距離を制することはある意味競馬を制するとも言うことができるのです。
また、レース数が多いということはそれだけ当てる機会が多く、利益を出しやすいレースを選択する機会が多くなります。

つまり、短距離競馬には「当てやすい」「儲けやすい」「レース数が多い」という競馬で勝つための三拍子が揃っているのです。

今回の馬券術「スプリントマスター」はそんな激アツな短距離競馬を攻略するためのノウハウがたっぷりと詰め込まれています。

>>>スプリントマスター







スポンサーサイト

コメント