スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

トゥルーギャップス










新聞を見ていて注目した馬が、新聞上で5番人気(コンピなら5位)だったとします。

この馬から馬券を買おうと、朝イチでオッズを確認したら…



★もしも、1番人気だったなら…



「予想以上に売れているなら当たりそう(馬券に絡みそう)」

もしくは

「1番人気になったなら、当たっても配当のうまみがなさそう」



★もしも、9番人気だったなら…



「こんなに売れていないならハズレそう(馬券に絡まなそう)」

もしくは

「こんなに人気が下がったなら、配当のうまみがありそう(高配当が期待できる)」



ざっとこんなふうに考えるのではないでしょうか?





これらの考え全てに共通するのは

根拠となるデータがないため、

「○○そう」と推測の域でしかわからない

ということです。



ですから、

この馬券を買うべきか否か、正確な判断ができないのです。





これがもし、根拠となるデータを持ち合わせていたらどうなるでしょう?

購入すべきレースは購入し、無駄なレースは見送るという

的確なジャッジができます。



「○○そう」の推測から的確なジャッジに変える手段、

それが「トゥルーギャップス」なのです。







競馬の基本として、

2番人気より、1番人気の方が的中率が高い

3番人気より、2番人気の方が的中率が高い

4番人気より、3番人気の方が的中率が高い

当たり前ですが、上位人気の方が的中率は高くなります。



仮にこれが逆転し、

1番人気より、2番人気の方が的中率が高い

2番人気より、3番人気の方が的中率が高い

3番人気より、4番人気の方が的中率が高い

と逆のケースがあったら、

「もしかしたら儲かるかも…」と思うのではないでしょうか?





当たり前のことと真逆になりましたが、

この2つの関係で考えれば、真逆の現象も理解できるのではないでしょうか?



「コンピ指数や競馬新聞の人気」と「実売オッズの人気」の関係



コンピ指数や競馬新聞の人気はあくまでも「予想」のものであり、

実売のオッズになると「予想人気=実売オッズの人気」になるとは限りません。



コンピ2位の馬が、実際のオッズでは3番人気だった…

コンピ4位の馬が、実際のオッズでは2番人気だった…

競馬新聞で1番人気になっている馬が、実際のオッズでは2番人気だった…

競馬新聞で6番人気になっている馬が、実際のオッズでは5番人気だった…



「予想人気(コンピ順位)と実売オッズの人気が異なる」ことは

毎レースのように起こる当たり前の話です。



「トゥルーギャップス」では「儲けが狙える馬券」と「儲からない馬券」の区分けについて、

全部で以下の3種行っており、各々で買い目を出すことができます



>>>トゥルーギャップス